最終更新日:2019年02月15日

FAQ TOPページ > FAQ詳細

FAQ番号:457 | 最終更新日:2017/06/23
iAPへアクセスするURLが複数存在する環境を構築したい場合、ベースURLはどのように設定すればよいでしょうか?

2014 Springより、次に掲載されている方法により、複数のベースURLを設定する事ができます。
例:社内向け、社外向けの2つのURLからアクセスする環境を構築したい場合

http://dev.intra-mart.jp/blog/post-296/

統合Windows認証を用いている環境において、ActiveDirectoryに存在しないユーザーは、標準のログイン画面からログインすることは可能でしょうか?
統合Windows認証を用いている環境において、ActiveDirectoryに存在しないユーザーは、標準のログイン画面からログインすることは可能でしょうか?
intra-mart WebPlatform 利用時に統合Windows認証を使用したintra-martへのシングルサインオンを利用するための必要条件、設定方法について教えて下さい。
複数テナントで同一ドメイン(AD)を利用する事は可能ですか?(複数テナントによる統合Windows認証の利用について)

iAPリリースノートには、複数テナントで統合Windows認証を行う事ができない旨が記載されています。
http://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/iap_release_note/texts/limitations/environment.html#windows1
統合Windows認証機能を使用して自動ログインした場合、セキュリティログにログイン認証に失敗した時の情報を出力するための設定方法を教えてください。
統合Windows認証モジュール(2014 Spring 以降)利用時に「401(Unauthorized)」や「12015 Unknown」エラーが発生します。
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください